Photoshop

写真の切り抜きを簡単に行う方法【Photoshop】

  1. HOME >
  2. Adobe >
  3. Photoshop >

写真の切り抜きを簡単に行う方法【Photoshop】

写真の切り抜きを簡単に行う方法【Photoshop】

写真の切り抜きを簡単に行う

  • 写真で被写体を手軽に切り抜きたい。
  • かなり複雑なシルエット部分を切り抜きたい。

ココがポイント

結論:
Adobe Photoshopメニューバーの「選択範囲」から「選択とマスク」を選ぶと、切り抜き専用のウィンドウ配置になり、「クイック選択ツールクイック選択ツール「境界線調整ブラシツール」境界線調整ブラシツールを駆使して、被写体を簡単に切り抜くことができます。また、メニューバーに表示される「被写体を選択」をクリックすると自動で切り抜く被写体を選択してくれます。

この他に、被写体をきれいなパスでクリッピングパスする際に、あまりに細かい部分の選択に「マグネット選択ツール」マグネット選択ツールを使用するとパスを作成する時間を短縮できます。

皆様こんにちは。ユウスケと申します。
日々の生活で役立つ情報を発信しています。

ユウスケ

皆様は、写真から被写体を切り抜きたいときに、手軽に時間をかけずにできる方法を使用したいと思ったことはございませんか?

Adobe Photoshopでは、写真の被写体を切り抜くためのツールが豊富にあります。今回は、そんなツールの中でも被写体を切り抜く際によく使用するツールについてご紹介しようと思います。

写真を切り抜く際に、Photoshopでは、画像データ自体の背景を透明にする方法と、「クリッピングパス」を使用して画像を切り抜いている状態にする方法の二通りを使用すると思います。

画像データ自体の背景を透明にする場合は、「境界線調整ブラシツール」境界線調整ブラシツールを使用でき、境界線が複雑な画像を簡単に切り抜けます。

「クリッピングパス」を使用して画像を切り抜いている状態にする場合は、パスを作成するのに手間がかかりますが、一枚物の画像でデータを扱えるため、データ容量を軽くすることができます。

 

1.写真の切り抜きとは

切り抜き完成図

Photoshopでは、カメラで撮影した写真から、必要な被写体だけを取り出す加工が行えます。これを写真の切り抜きと言います。

 

切り抜き写真を使用

今回の例では、写真の下にある雲海を切り抜いて、別の写真に利用したり、この雲海自体を変形して新しいイメージにすることもできます。

 

2.「選択とマスク」で写真を切り抜く

2.Step1 _メニューバーの「選択範囲」から「選択とマスク」をクリック

選択とマスク

メニューバーの「選択範囲」から「選択とマスク」をクリック。切り抜き専用のウィンドウ配置になります。

 

選択とマスクウィンドウ

左メニューバーに専用のツールが表示され、中央画面で選択被写体を選択、右側の「属性」で数値の調整を行います。

 

2.Step2_「表示モード」を「オーバーレイ」にして「クイック選択ツール」 クイック選択ツールで選択

表示モードをオーバーレイ

右側の「属性」で「表示モード」を「オーバーレイ」にすると選択範囲がわかりやすくなります。

 

被写体を選択

「クイック選択ツール」クイック選択ツールを使い、ドラッグをして切り抜く被写体を大体でよいので選択していきます。画面上部のメニューバーにある「被写体を選択」をクリックすると自動で被写体を選択してくれます。

 

選択範囲を削除

Windowsでは「Alt」キーをMacでは「Option」キーを押しながらドラッグすると、選択を解除できます。

 

2.Step3_「境界線調整ブラシツール」 境界線調整ブラシツールで境界線をなぞる

表示モードを白黒に変更

「クイック選択ツール」クイック選択ツールである程度選択したら、「表示モード」を「白黒」にします。

 

境界線調整ブラシツールを使用

画面を確認しながら、「境界線調整ブラシツール」境界線調整ブラシツールで白黒の境目をなぞります。

 

切り抜きをレイヤーマスクにする

「表示モード」を「レイヤー上」にして最終確認。「出力設定」を「レイヤーマスク」に設定にして「OK」。

 

レイヤーマスクの利点

「レイヤーマスク」にすることで、切り抜きをした写真はマスクで隠してあるだけになります。よって、レイヤーマスクを削除や非表示にすることで、切り抜く前の状態にも戻すことができます。

 

3.クリッピングパスで写真を切り抜く

3.Step1_「新規パス」を作成

新規パスの登録

「パス」パネルのメニューから「新規パス」を選択。「パス名」をお好みで変更して「OK」。

 

3.Step2_「ペンツール」ペンツールでパスを作成

パスの作成

「ペンツール」ペンツールを選択して、パスを作成します。クリックをすると、アンカーポイントを追加できその間を線で結んでいきます。

 

アンカーポイントの追加削除

アンカーポイントは、後からでも消したり、追加したりできます。

 

アンカーポイントの移動

Windowsでは「Ctrl」キー、Macでは「Control」キーを押しながらアンカーポイントをドラッグすると、アンカーポイントを移動できます。

 

パスを曲線に変形

Windowsでは「Alt」キー、Macでは「Option」キーを押しながらアンカーポイントをドラッグすると、ハンドルを追加でき、直線の線から曲線に変更できます。

 

3.Step3_「マグネット選択ツール」マグネット選択ツールでパスを作成

「マグネット選択ツール」マグネット選択ツールは選択ツールになるため、パスを直接描くわけではありません。しかし、切り抜く被写体が細かいパスになりそうなときは、選択範囲を作成後、「パス」パネルのメニューにある「作業用パスを作成」でパスを作る方法もあります。切り抜く範囲が小さい時などに使用してみてください。

マグネット選択ツールの使用

「マグネット選択ツール」マグネット選択ツールを選択。境界線にそってマウスを進めていくだけで、自動でアンカーポイントを追加。アンカーポイント間の線も被写体に沿った形になります。

 

クリックでアンカーポイントを追加できる

任意の場所でクリックすることで、アンカーポイントを追加することもできます。思った位置にアンカーポイントができないときは、クリックして境界線を作成していきます。

 

BackSpaceでポイントを削除

アンカーポイントが間違った場所にできたときは、「BackSpace」でポイントを削除して軌道を修正できます。

 

境界線を被写体に入れ込む

選択範囲で境界線を囲うことができたら、切り抜いたときに背景が出ないように、「拡張」もしくは「縮小」して被写体の中に選択範囲を入れ込みます。

 

選択範囲をパスに変換

「パス」パネルのメニューから「作業用パスの作成」を選択すると、選択範囲をパスに変換できます。この方法で、複雑になりそうなパスを簡単に作成することができます。

 

写真切り抜きデータ作成

後は、「ペンツール」ペンツールと「パス選択ツール」パス選択ツールで余分なパスを削除、必要なパスを作成。「パス」パネルのメニューから「クリッピングマスク」を選択することで、写真を切り抜くことができます。

 

まとめ

お疲れ様でした。

「選択とマスク」による被写体の切り抜きは、自動で選択範囲を作成する機能や、「境界線調整ブラシツール」 境界線調整ブラシツールなどツールを駆使して時間短縮ができる切り抜き方法です。ただし、「境界線が単純なパスでは作成されない」「データがレイヤーで作成され容量が大きくなる」といった点には注意が必要です。

「クリッピングパスで写真を切り抜く」方法は、パスの作成に時間がかかります。しかし、「単純なパスでの切り抜きが作成ができる」「1枚ものの写真を切り抜ける」といった点から、切り抜いた境界線がきれいに見える、写真のデータ容量を小さくできるというメリットもあります。

目的・用途によって、使い分けるとより効率てきに作業が行えるでしょう。

最後まで、ご一読いただきありがとうございました。

Contact Form〈お問い合わせはこちらから〉

注目記事

MY BESTランキング

Webページ作成には必携!!

逆引きの見やすさが抜群!!

だから、

  1. HTMLのソースコード画面を読み取れる。
  2. 思い通りのCSSスタイルを調べられる。

是非、一冊手元にもってブログのレイアウトを自作しよう。

たった30分間を続ける重要性がわかる一冊!!

1日たったの30分間

けれども、
それが1週間、1ヶ月、1年となると
大きな差になる。

この本を読むだけで、
1日の生活の中の「たった30分間」の重要性がすぐにわかります。

勉強を始めるモチベーションになる一冊
是非、手元に!!

アフィリエイトならA8.net

最初のアフィリエイトにもってこいのASPです。

操作性がよく、
クリック率+EPCものっているので
初心者にとってありがたい仕組みになっています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
YusukeMiyoshi

YusukeMiyoshi

Illustrator、Photoshopのテクニック。 WordPressのカスタマイズ についての記事が中心です。 よい本に出会えれば、ご紹介させていただきます。 Twitterのフォローお願いいたします。

-Photoshop

ユウスケの雑記ブログ
Thank you for your follow up.

Copyright© ユウスケの雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.