Illustrator

円グラフを編集可能な状態でデザインできる【Illustrator】

  1. HOME >
  2. Adobe >
  3. Illustrator >

円グラフを編集可能な状態でデザインできる【Illustrator】

円グラフを編集可能な状態でデザインできる【Illustrator】

円グラフをデザインできる

  • Illustratorで円グラフを追加したい。
  • 円グラフの数値を変更できる状態で、レイアウトを変更したい。

ココがポイント

結論:
Illustratorでは、「円グラフツール」円グラフツールで円グラフを追加できる。また、メニューバーの「効果」を使いグラフのレイアウト調整を行うと、数値の変更が可能な状態で円グラフをデザインすることができる。

皆様こんにちは。ユウスケと申します。
日々の生活で役立つ情報を発信しています。

ユウスケ

Adobe製品のIllustratorでは、様々なツールを使い、お好みのオブジェクトを作成できます。そのデザインレイアウトの中で、円グラフを使いたいという場面があると思います。

今回は、「円グラフツール」円グラフツールを使用して、円グラフを追加。その後、強調したい部分のみを部分的に変更する方法。そこから、円グラフを立体的に見せて、デザイン性を上げる方法について説明して参ります。

 

1.「円グラフツール」円グラフツールとは

1.Step1_「円グラフツール」で円グラフを描く

円グラフツールで円グラフを作成

「円グラフツール」円グラフツールを選択。グラフの大きさを決めて「OK」。表示されるデータセルに数値を入力すると、その数値の円グラフを描くことができます。

 

1.Step2_後からでも数値を変更可能

円グラフの修正

「円グラフツール」円グラフツールで作成した円グラフは、メニューバーの「オブジェクト」から「グラフ」「データ」を選択すると、数値を後からでも変更することができます。この機能を使うことで、一度作成した円グラフのデザインを流用し、別のデータにすることができます。

 

2.グラフの各部分を好みの大きさ色に変更

2.Step1_個別に色変更

色を変更

グラフを個別の色に変更するには、「グループ選択ツール」グループ選択ツールを使用します。それぞれのオブジェクトを選択することで、「カラー」パネルから色を個別に変更することができます。

 

2.Step2_強調したい部分のみを部分的に変更

基準点を任意の位置に決めて拡大・縮小

「グループ選択ツール」 グループ選択ツール で数値の大きいグラフを選択。「拡大・縮小ツール」拡大・縮小ツールに持ちかえ、円グラフの中心でWindowsなら「Alt」キー、Macintoshなら「Option」キーを押しながらクリック。

 

グラフを円の中心から拡大

すると、「拡大・縮小」ウィンドウが開くので、値を入力して拡大します。

「Alt」キーや「Option」キーを押しながらクリックすることで、拡大・縮小する基準点を決めることができます。

 

2.Step3_拡大・縮小後でもグラフを変更可能

数値変更可能1

拡大・縮小を行った後からでも、メニューバーの「オブジェクト」から「グラフ」「データ」をクリック。表示されるグラフのデータセルの値を変更すると、変更した値に合わせたグラフにすることができます。

 

3.メニューバーの「効果」からグラフをデザイン

メニューバーの「効果」を使用して、円グラフにデザイン性を追加することで、デザイン追加後の円グラフでも、データの値を変更し、グラフに反映することができます。

今回は、円グラフでよく見かける上に傾いた状態に変形していきます。

 

3.Type1_メニューバーの「効果」から「3D」「押し出し・ベベル」

押し出し・ベベル

メニューバーの「効果」から「3D」「押し出し・ベベル」を選択。この効果は、オブジェクトを立体的に押し出された見た目にできます。

設定を好みの値に変更することで、上に傾いた円グラフを作成できます。

 

数値変更可能2

メニューバーの「オブジェクト」から「グラフ」「データ」で、数値を変更し、グラフに反映することができます。

 

3.Type2_数値の大きい値を飛び出した形にする

円グラフを作成一部飛び出し強調

円グラフを作成するときに、大きな値を後半に持ってくる。

 

押し出し・ベベル_飛び出し強調

メニューバーの「効果」から「3D」「押し出し・ベベル」を選択して、円グラフを立体的にします。

 

変形

メニューバーの「効果」から「パスの変形」「変形」を選択。変形の基準点をセンター以外にする。「拡大・縮小」と「移動」の数値をお好みの値に変更。

 

数値変更可能3

メニューバーの「オブジェクト」から「グラフ」「データ」で、数値を変更し、グラフに反映することができます。

 

ココに注意

個別に「変形」するオブジェクトが「円グラフデータの最初の値」、「変形の基準点がセンター」。この2つの場合、グラフの数値を変更すると、変形した効果が消えてしまいます。原因がわかりませんが、「3.Type2_数値の多き値を飛び出した形にする」の手順通りに行うことで、変形した効果が消えることを防げます。

ポイントは、変形するオブジェクトの値をデータセルの最後に持って行き、変形の基準点をセンター以外にすることです。

 

まとめ

お疲れ様でした。

円グラフの「グループ解除」をすることで、グラフを個別に変更することはできます。しかし、グラフのデータを後から変更することができないため、今回は「効果」を使用してグラフのデザインを行う方法について、ご紹介しました。

グラフの数値変更が可能な分、なかなか癖があり思ったデザインを作りにくいですが、定番の形には簡単に変形できると思います。新しく追加できる効果が見つかりましたら、記事にしてまいります。

最後までご一読いただき、ありがとうございました。

Contact Form〈お問い合わせはこちらから〉

注目記事

MY BESTランキング

Webページ作成には必携!!

逆引きの見やすさが抜群!!

だから、

  1. HTMLのソースコード画面を読み取れる。
  2. 思い通りのCSSスタイルを調べられる。

是非、一冊手元にもってブログのレイアウトを自作しよう。

たった30分間を続ける重要性がわかる一冊!!

1日たったの30分間

けれども、
それが1週間、1ヶ月、1年となると
大きな差になる。

この本を読むだけで、
1日の生活の中の「たった30分間」の重要性がすぐにわかります。

勉強を始めるモチベーションになる一冊
是非、手元に!!

アフィリエイトならA8.net

最初のアフィリエイトにもってこいのASPです。

操作性がよく、
クリック率+EPCものっているので
初心者にとってありがたい仕組みになっています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
YusukeMiyoshi

YusukeMiyoshi

Illustrator、Photoshopのテクニック。 WordPressのカスタマイズ についての記事が中心です。 よい本に出会えれば、ご紹介させていただきます。 Twitterのフォローお願いいたします。

-Illustrator

ユウスケの雑記ブログ
Thank you for your follow up.

Copyright© ユウスケの雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.